カルティエリングのお話

カルティエの優雅さの秘密やカルティエリングのお手入れなどの情報を載せていきます。
>がん(癌)と告知されたあなたへ、食事療法でがん(癌)と闘いませんか<
カルティエリング売れ筋

カルティエの歴史

カルティエの歴史
1847年、パリのモントルゲイユ街31番地をルイ・フランソワ・カルティエが譲り受けた。
1899年、ラ・ベ通り13番地(エレガンスと贅沢の中心)に移転し、国際的なジュエラーとして
活躍していく。
「サントス」 ブラジルの飛行家「サントス・デュモン」との友情から生まれた
「タンク」   カルティエのスクエアウォッチとの代名詞ともなった伝説の時計
「パシャ」  モロッコの太守(パシャ)の注文を受けて完成した防水時計


パリはパリ盆地のほぼ中央に位置し、市内をセーヌ川が貫く。凱旋門をエレベータで頂上まで行くとパリの道が放射線状に作られているのがわかる。凱旋門からシャンゼリゼ通りをずうと目を走らすとその先にはコンコルド広場がある。反対側に目をやると「え?」同じような建物が見えてくる。それが新凱旋門だ。真ん中のシースルーのエレベータに乗って上へ上へ。地下鉄のチケットブースで「アン、チケ、シルブプレ」とチケットを買って地下鉄でパリ中を見学しよう。
| 歴史
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。