カルティエリングのお話

カルティエの優雅さの秘密やカルティエリングのお手入れなどの情報を載せていきます。
>がん(癌)と告知されたあなたへ、食事療法でがん(癌)と闘いませんか<
カルティエリング売れ筋

カルティエリングのできるまで

カルティエリング、こんな流れで出来るんだ。

カルティエに専門のクリエーションチームが居て
次から次にデザイン画が出来上がる。

と言ってもデザイン画一つ一つに
心を込めている。

でも、
その中から数点しか採用されない
狭き門である。だから一段と輝いて見えるのだ。

詳細に至るまで作られている。

だから、最高なのだ。

イアリングとは

イヤリングは、耳につける装身具。ピン状のものをピアスと呼ぶ。

大きな銀製イアリングをした女性の耳一般的には耳たぶか耳の一部に穴を開けて装着される。クリップで耳たぶを挟んで固定するものもある。耳に穴を開けることをピアシングと呼ぶ。安価な器具が販売されており、正しく消毒を行えば感染の危険も少ないのだが、最も安全なのは相応の資格を持つ病院で受けることである。またピアシング後は、金やチタンなどのアレルギー反応を起こしにくい物質のピアスを身につけ、傷がふさがり、感染症の危険がなくなるまで、装着し続ける必要がある。また、長期に渡って装着せずにいると、穴がふさがり再びピアシングをする必要が出て来る。

欧米では男女の区別なく装着されているのだが、日本ではストリートファッション・ギャル男など一部の流行を除けば、ほぼ女性に限られている。都市伝説として、男性がイヤリングをどちらの耳に装着しているかにより、性的嗜好をほのめかしているという話がある。右耳に装着していると、同性愛者であり、左耳に装着していると異性愛者であるというものである。

多くの場合、金属製であるが、ガラス、宝石、ビーズや骨や宝石、貝や木など一定の固さを持ったあらゆる素材が使用されている。デザインも様々であり、小さなリング状のものから、肩の近くまで垂れ下がる複雑なデザインのものまである。重さと形状は耳たぶとそこに開けた穴がどれだけの重さに耐えられるかによって決まっている。大きすぎるデザインは行動の妨げになるほか、他の物体との接触により引っ張られ、耳たぶを傷つける恐れがあるので注意が必要である。

多くの文化で身分や美しさの象徴として用いられている。かつては、奴隷身分を示すため、耳から外すことのできないタイプのものが用いられていたところもある。最近では、他の人の助けを借りなければ取り外すことのできないほど複雑で巨大なタイプが流行している地域もある。また、一部のフェティシズムでは、鍵付きのイヤリングが用いられている。
wikipedia
圧力鍋の使い方
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。